何がおいしい?
みんなの意見、ここでもチェック!!

exclamation 製品レビューポータルサイト MONO-PORTAL
exclamation 感想・体験談検索エンジン気になるアレを調査します!

2006年04月16日

本格中国茶を体験する 【 4 】

中国茶 黒茶

続いては、こちら『恒福茶具 』さんこだわりのプーアール茶。
黒茶、というお茶の1種で、黒茶のなかでは一番有名ですね。

さて、この黒茶なんですが、「生茶」と「熟茶」と2つにわかれます。

まず「生茶」…さっき『恒福茶具 』さんはプーアール茶にこだわっていると書きましたが、それは【生茶のプーアール茶 】にこだわっているのです。 生茶とは茶葉が生きていて、麹菌の力を借りて茶葉が年月を掛けて熟成し続ける、とっても価値の高い、本来のプーアール茶とのこと。

そして「熟茶」…こちらは茶葉を蒸して酵素の活性を止め、揉み、乾燥。そうして熟成して再度蒸す。そう「生茶」の熟成と違い強制的に短期間で熟成されるプーアル茶。

聞いただけでもう、おいしさの違いがわかりそうなこの違い!!

そして、そして!!!
日本で普通プーアール茶として飲まれているのは、
この「熟茶」のプーアール茶なのです。

ん~♪なんだかプーアール茶の新しい世界を体験できそうな予感。

中国茶 2種類のプーアール茶をいれる

さぁ♪生茶と熟茶、飲み比べです。!!

いれてくれたのが、一番上の写真、
どっちが生茶か、わかりますか?

  

  

  

答えは。。。

  

プーアール茶飲み比べ

こっち。薄いほうが生茶のプーアール茶。

お味のほうは。。。
なめらか、っていうのかな、臭いっていうか日本でここも日本だが
飲むいつものプーアール茶の後味っていうかなんというか
。。。それがない。

一方、熟茶。。。
ひとことでいうと、「飲んだことのあるプーアールの味」

なんつ~レビューなんでしょう^^ゞ
わかんないですね、これじゃ。。。

でも、香りや風味、
言葉にあらわせないほど、味わい深い、
これが、「生茶のプーアール茶 」の魅力なのでしょうね。

茶葉が生きたまま熟成を重ねることによって、
ますます味わい深く薫り高くなるという生茶のプーアール茶
なんと1gで1万円という50年熟成のものもあるそうです。

新陳代謝を高める中国茶として有名なプーアール茶ですが、
実はその効果は生茶にしか期待できないそうです。

毎年4月に行われるオークションでは、
気合と期待でみんな大変なことになっているようです。
丁寧に手間と時間をかけて作られる生茶、
あたりまえですよね。

なんだか、いろんな「生茶のプーアール茶 」が飲みたくなってきちゃいました。

+++

中国茶なインフォメーション

第1回 気になるアレを調査しませんか? 中国茶器&中国茶編

詳しくはサイトを読んでもらえるとわかるのだけれど、
自分の商品・体験レビュー記事の中から
自信のある記事を選んで応募。
そしてお店の方が「この人にレビューして欲しい!」っていう方を選んで、対象商品をプレゼント!
その商品をご自分で試し、そのレビューを書く。

。。。という企画が催されてます。

この機会に気になる中国茶、調査できちゃうかもしれないこの企画、
応募してみてはいかがですか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16659304
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。