何がおいしい?
みんなの意見、ここでもチェック!!

exclamation 製品レビューポータルサイト MONO-PORTAL
exclamation 感想・体験談検索エンジン気になるアレを調査します!

2006年04月14日

本格中国茶を体験する 【 2 】

中国茶 

今度は青茶の体験です。
「きんせん」???かなり怪しい記憶という種類のお茶。

中国茶

このお茶のときからは自分でクルっとかえします。
白茶は白川さんがクルっとしたのを置いてくれたの。

 

これ!このお茶、かなり好み!!

 

お花の香りがふぉぁぁ~~~~~~んと♪
白茶も結構好きだったけど、ちょっと上品すぎな感じで^^;
でもこのお茶は味も苦すぎず
ほのかな花の香りもいいし、好き。

んと。。。名前、『高山金萱 』 がちゃんとした名前らしい。
調べてきた^^;

青茶はもう1種類、体験したのだけれど、
わたしは、青茶以外、体験したお茶全部のなかでも
この『高山金萱 』 が一番好きだったな。

一番がこの『高山金萱 』、次が白茶(あ、名前調べなきゃ)
そしてその次に、もうひとつの青茶って順かな。

だからですかね^^;
写真がないんですよぉ。。。

   

   

ま。。。 ̄_ ̄;

中国茶 茶壷

この茶壷↑に釘付けになってたせい。。。

ってのもありますが←かなり気に入っている。
かなり。。。なんてものじゃなくメロメロである(はぁと

でも2万円くらいのものだそう。

それでも【茶壷を一生使う】に憧れているので
ちゃんとしたものは5千円くらいから、
というから作家さんの&こんなにかわいい凝ったデザインなら、そのくらいは適正値段、「この場で買っちゃいたい。二度と出合えないかも。。。」

と、うずうず。。。

が、実は白川さんの私物だそうで;_;
わたしは、次の運命の出合いをもとめてココ をさまようことに。。。

本物の宜興紫砂壺なら
作家物手作り茶壷を作家より直接仕入
紫砂5色の倣古壺が手に入ります。

むふふ♪出合いは近い?!

+++

中国茶なインフォメーション

第1回 気になるアレを調査しませんか? 中国茶器&中国茶編

詳しくはサイトを読んでもらえるとわかるのだけれど、
自分の商品・体験レビュー記事の中から
自信のある記事を選んで応募。
そしてお店の方が「この人にレビューして欲しい!」っていう方を選んで、対象商品をプレゼント!
その商品をご自分で試し、そのレビューを書く。

。。。という企画が催されてます。

この機会に気になる中国茶、調査できちゃうかもしれないこの企画、
応募してみてはいかがですか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。