何がおいしい?
みんなの意見、ここでもチェック!!

exclamation 製品レビューポータルサイト MONO-PORTAL
exclamation 感想・体験談検索エンジン気になるアレを調査します!

2006年04月13日

本格中国茶を体験する 【 1 】

中国茶なお茶会

そんなこんなで、はじまった【中国茶なお茶会

中央の机の上には、小さな湯呑、背の低いものと
背の高いもの。。。白いピッチャー、茶壷。。。

中国茶というと想像する見慣れたもの、
「これはなんだろう」というものがかわいらしく並んでいた。

中国茶なお茶会会場

道具とは不思議なもので、
実はこの【中国茶なお茶会】、
会場は会社の一室なのだけれど、すっかりお茶会である。

白茶の茶葉

まず最初は白茶の。。。名前、わすれた ̄□ ̄;

「味の薄いものから、お出ししますね」

と、白川さん(「恒福茶具」 の店長、この日の講師)
さらさらと白茶の茶葉を茶壷に茶葉を入れていく。。。

中国茶をいれる

そして味を均一にするために一度ピッチャーに入れ

白茶をいれる

背の高いほうの湯呑、聞香杯 というそうです。。。に。
背の低いほうは茶杯 といい、お茶を飲むときは茶杯で飲みます。

聞香杯に注ぎ、茶杯をのせ
くるっとひっくり返して茶たくへ、

中国茶(白茶)を飲む

こんな感じで出してくれました。

中国茶(白茶)を飲む

聞香杯を空けると、こぽこぽっと
茶杯にお茶が。
聞香杯は字の通り、香りを味わうための器なのです。

実際、お茶を飲んだときよりも
聞香杯からのほうが香りを感じて不思議だった。

白茶は最初に白川さんが言っていたように、
味は薄めの上品なお茶でした。
茶葉のときには感じなかったけれど、
ほのかな、いい香りがして全体的には好みのお茶で、
とっても飲みやすく感じました。

+++

中国茶なインフォメーション

第1回 気になるアレを調査しませんか? 中国茶器&中国茶編

詳しくはサイトを読んでもらえるとわかるのだけれど、
自分の商品・体験レビュー記事の中から
自信のある記事を選んで応募。
そしてお店の方が「この人にレビューして欲しい!」っていう方を選んで、対象商品をプレゼント!
その商品をご自分で試し、そのレビューを書く。

。。。という企画が催されてます。

この機会に気になる中国茶、調査できちゃうかもしれないこの企画、
応募してみてはいかがですか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。